『まいにち☆かぁちゃん』

わんぱく男児を楽しんで子育て中🎶日々の出来事や感じた事。チビーズの事など気ままにupしています☆

切迫早産~31週で陣痛・・・!流早産に用いる薬の副作用が半端ない

どうも。

『まいにち☆かぁちゃん』です☆

 

昨日、病院に行って夜、帰ってきました💦

かぁちゃんのカン的中!

やっぱり、前駆じゃない陣痛でした💦

 

f:id:mainichi-kahchan:20190710132121j:plain

しかし( ;∀;)

まだ31週ということもあり産まれるのには早すぎるという事。

リトドリンの注射を打たれ、陣痛を抑えることに。

この注射が痛いのなんのって。

たまらん~!( ;∀;)

 

子宮頚間(しきゅうけいかん)

妊娠中期~後期の間で子宮頚管が短めだと指摘されたことのある妊婦さんは少なくないようです。

 

f:id:mainichi-kahchan:20190710114601j:plain

かぁちゃんは、昨日1.3㎝と超短めでした💦

そして、先生一言。

『このまま入院ねぇ~。』

・・・!

先生💦ちょっと待って💦💦💦

えっ?何日くらい入院になるの~?

『うぅ~ん。最低でも5週間は入院してもらうよ。』

はっ?!5週間?!!!

無理~無理~無理~無理~!

入院管理をするのら36週までは最低でも陣痛が来ないように処置をするらしいのです( 一一)

5週間入院する。

36週になったら、いったん退院する。

帝王切開の予定日にまた再入院する。

帝王切開で10日後に退院する。

この期間約2カ月・・・!

2カ月なんて無理~。チビーズを誰が見るのさぁ~💦

 

お腹の中のベビチャンも心配だけど

同じくらいチビーズの事も心配。

もし、パパさんの仕事の都合がついたとしても

家の事やお金の心配も出てくる。

何よりも、入院中チビーズと過ごせないこと

f:id:mainichi-kahchan:20190710120012j:plain

張り止めの薬

妊娠中に飲まれたことのある方は少なくないと思います。

f:id:mainichi-kahchan:20190710120413j:plain

薬には注射や点滴で張りを抑える方法・飲み薬で張りを抑える方法があります。

ウテメリン/リトドリン

子宮の収縮を抑える薬です。

流産や早産の傾向のある妊娠16週以降37週未満の方に使用します。

緊急性のあるときには入院などをして注射薬(ウテメリン注)で治療します。

 

昨日、かぁちゃん打たれました💦

皮下注射なので半端じゃない痛みで、久々泣かされました( ;∀;)

f:id:mainichi-kahchan:20190710123258j:plain

主な副作用として

・動悸(ドキドキ感)

・頻脈

・ほてり

指や手のふるえ

・頭痛

・頭重感

・めまい

・ふらつき

吐き気

などがありますが、これが一気に自分の身体に襲いかかると想像してください💦

薬を飲めば、動けなくなるので嫌でも安静状態になってしまいます(;'∀')

 

かぁちゃんは、3カ月以上服用していますので副作用にだいぶ身体が慣れてきているみたいですが・・・💦

注射はホントにやばかったです💦

 

せんせ~い・・・。

副作用的なのがやばいんですが( ;∀;)

『注射1本は薬の20~30錠ほどに匹敵するからねぇ~。』

 

なぬッ!

そんなに強い薬・・・ベビチャンに大丈夫なのかぁ💦

f:id:mainichi-kahchan:20190710131449j:plain

長期にわたる摂取によって産まれてきた赤ちゃんへの影響がないとも言えないそうです。

しかしながら、そうまでしてでもお母さんのおなかの中で1日でも長くいた方が赤ちゃんには良いそうです。

f:id:mainichi-kahchan:20190710133438j:plain

12日にまた病院行きなのですが💦

『12日に入院できるようにしてね~。』

と、帰り際に担当医に告げられました・・・。

 

どうしよぉー(◞‸◟)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(´艸`*)